経営学習研究所とは?

MALL(Management Learning Laboratory:経営学習研究所:モール)にようこそ!

MALLは、2011年に産声をあげた、「これからの人材開発・人材育成を面白くする」べく設立された非営利の一般社団法人です。「組織」「学習」「デザイン」の3つの交差する学際的領域に魅了され、志を同じくする大学の研究者、実務家が、既存の団体からの寄附・支援もうけず、全くの「手弁当」で資金を出し合い、この団体を立ち上げました。

独立性・自律性を確保したうえで、それぞれの多様な専門性や経験にねざした、様々なイベント・企画を実施し、世の中に提案していく。この「自律性」や「多様性」こそが、MALLを設立した理事らに共有されている考え方です。

MALLが大切にしている運営理念には「1人1ラボ(ひとり・ひとラボ)」というものがあります。

「1人1ラボ」とは、「これから働く大人は、組織の枠にとらわれず、自分の探究課題を1つもつべきである」という考え方を体現している理念です。MALLの理事ひとりひとりが、自らの探究課題に応じたラボをもち、ラボに名前をつけ、独自の活動を展開しています。

理事の中には、「音楽と人材育成」の怪しい関係に興味をもつ人もいます。働く女性を応援するイベントを展開する理事もいます。さまざまな方法で会社を飛び出す若手を支える理事もいます。多文化社会に生きる私たちの心や行動を理解するための「文化」や「ことば」の働きや奥深さに関心を持つ理事もいます。
私たちの仲間には、「スポーツ/健康」と「学び」の交差するところに、未来をみる人もいます。建築のバックグラウンドをもちながらも、「場のデザイン」という考え方を探究している仲間もいます。そして、世の中を支配している学習観に異を唱え、「学びとはいえない学び」の現象をエスノグラフィーしている仲間もいるのです。
そして、そんな理事たちの企画を支え、堅牢なロジスティクスを実現してくれる心強い人もいます。

時に「猥褻かつ猥雑」だと感じられてしまうほどの、この「多様で自律的な活動」。そして、「1人1ラボ」の理念にもかかわらず、「協調」しあうときは「協働」できる環境こそが、MALLの強みです。

私たちには「夢」があります。
それは、私たちの団体名に、少しひっかけた「夢」です。

私たちの夢は、私たちの活動を通して、「自ら学びたいと願う人が、学びを深める現場」「変わりたいと願う人々が変わることのできる現場」のクオリティを向上させることです。そうした現場のフロントラインにたつ人々に「勇気」を与え、「元気」にすることです。

それはもしかすると、「ゴールが見えない活動」なのかもしれません。「ゴールが見えない活動」は一般社会・企業組織では「リスクが高い」と忌避される傾向があるのかもしれませんが、これを読んでいるあなたも、わたしたちの「ご縁」に加わってみませんか?
ゴールが見えなく、リスクがあるから「面白い」のです。

私たちは「何」も持っていません。「自前の電話」も持っていなければ、「自前のデスク」も持ちません。しかし、こうしたMALLの理念や志に共鳴してくださる方との「ご縁づくり」を、私たちは持ちたいと願い、また大切にしていきたいと考えています。

これからの世界には、「理念」や「志」や「ご縁」からつくりだされる新しい価値もある・・・わたしたちの考え方は、こうです。

日本の「組織 × 学び × デザイン」を面白くしたい!
否、面白くするのです。

経営学習研究所、MALLをどうか応援よろしく御願いいたします!

理事全員の思いを代表して

経営学習研究所
代表理事 中原 淳