“学びの原点”から学ぶ、おとなのためのワークショップ 〜「よるのほいくえん」で見つける創造性のカケラ〜

IMG_7159

 

【ご来場ありがとうございました!】“学びの原点”から学ぶ、おとなのためのワークショップ

〜「よるのほいくえん」で見つける創造性のカケラ〜

日時:11月26日(水)19時00分-21時30分(開場18時40分)
主催:ほしぐみ(fromアトリエMALLプロジェクト)
==========================================================

「米国で2011年度に入学した小学生の65%は、大学卒業時、今は存在していない職に就くだろう。」
– デューク大学 キャシー・デビットソン(2011年8月ニューヨーク・タイムズ)

今後、20年も経たない間に私たちの仕事は大きく変わると予想されています。このようにダイナミックに変化していく時代には、与えられた「答え」に従うのではなく、自ら「問い」を見つけ出す創造性を持った人材が求められるのではないでしょうか。
そのような人材を育てるためには、知識やスキルを教えるというよりも、自らで何かを発見するような創造的な学びを促すことが大切であると考えます。ただ、長年、「正解を教える」教育を受け続けた私たちは、そのような発見する学びを見失いがちです。

でも、思い出してください。
私たちは、子どもの頃、外界のあらゆるものに興味・関心を示し、探求していたことを。
そしてきっと、日々、何かを発見していたはずです。大人にもわからない何かを。

今回のワークショップでは、そんな、発見する学びを忘れてしまった私たちおとなが“学びの原点”に還り、学びを再発見する体験を提供します。注目したのは「幼児教育」の世界。その現場では、子どもの学びを促すための取り組みが多くなされています。まさに“学びの原点”と言えるさまざまな実践を手がかりに、改めて“学び”について考えてみたいと思います。

平日の夜、オフィスを飛び出して、目指すは「よるのほいくえん」。
子どもの頃に還って、手を動かして、自分の頭で考えて、語り合う。
“学びの原点”から、学びを再発見してみませんか。

【よるのほいくえん:何をする?】
学びとは、「これはなんだろう?」という好奇心からはじまるもの。おとなにとっても得体の知れないモノは、世の中には少なくなってしまいました。今回の学びを発見するための素材は、「廃材」です。何かを生み出す過程で生まれたカケラは不思議な形状をしていたり、さまざまな感触、色彩に富んでいます。それらの素材に出会うことからはじまり、好きな素材を見つけ、何かを発見し、対話しながら探求していくプロセスを丸ごと体験する「あそびのじかん」を経て、その発見をシェアし、これからの学びについて語り合う「たいわのじかん」を持ちます。

【よるのほいくえん:ナビゲーター】
「あそびのじかん」のナビゲーターには、北イタリアの小さな街レッジョ・エミリアの教育現場で4年間の滞在研究を行い、現在日本において子どもの感性や創造力を地域ぐるみで育てていく学びの場づくりを実践する、石井希代子氏をお招きします。

【よるのほいくえん:場】
子どもの頃の自分を思い出し、発見する学びに立ち還る場として、子どもたちの息づかいが聞こえる現在進行形の“現場”で開催します。1998年創立のインターナショナル幼稚園が今回の舞台。レッジョ・エミリア・アプローチの導入をはじめ、親・教師・スタッフによるラーニング・コミュニティによって、子どもの創造性を育んでいます。

※「レッジョ・エミリア・アプローチ」
イタリア、レッジョ・エミリア市の幼児教育の現場において40年にわたり実践されている取り組み。子どもたちの意思を尊重し、個々に持つ感性を生かすことが最も重要であるという理念の下、表現力やコミュニケーション能力、認識力を鍛え、自分自身で考える力、物事への探究心や創造力を育むことを目指している。

【よるのほいくえん:入園条件】
ワークショップで使用する「素材」を集めて頂くこと。それが入園条件です。勤務先の企業廃材を持ってくるもよし、それが難しければ近所のお店や知り合いを辿って、魅力的な素材を探し出して来てください。全員で持ち寄った素材で、「よるのほいくえん」は動き出します。持ち寄った素材が実際の幼児教育の現場で再活用されることもあるかもしれません。

名称未設定
※写真は企画メンバーが収集中の様々な素材の一部。
※素材についての詳細は、参加決定時にご案内させて頂きます

たくさんの仕掛けと余白を用意して、「よるのほいくえん」でお待ちしています。

■主催
ほしぐみ(fromアトリエMALLプロジェクト)
企業の人事・人材育成担当として働く6人組。現在の人材育成のあり方に疑問を持ち、志は熱く高く「学びの未来を変えていく。そして社会を変えていく。」。今回を皮切りに、もっとオープンにソーシャルに、これからの学びの“環”を拡げるべく様々な活動を展開予定。

■共催
一般社団法人 経営学習研究所

■協力
一般社団法人インターナショナル幼児教育協会
http://aiece.or.jp

■日時
2014年11月26日(水) 18:40開場 19:00から21:30予定

■会場
東京都港区のインターナショナル幼稚園
※詳しい場所は参加決定時にお知らせいたします。

■参加費・定員
お一人様4,000円、定員20名。
※キッチン☆ボルベール 竹花いち子さんによる「よるのほいくえん」オリジナルフードと、ドリンク付き。
http://takehanaichiko.com/

■ナビゲーター
石井希代子氏
カラー&イメージ コンサルタントとして資生堂の特別講座講師、色彩心理学や発達心理学を学び、子どもの自由な創造表現空間『アトリエ・エンジェル』主宰を経て、2002年渡伊。レッジョ・エミリア市の共同性や教育哲学を4年間かけて滞在研究。現在、日本において子どもの感性や創造力を地域ぐるみで育てていく学びの場づくりの実践、及び大学や教育機関にて講座講師をつとめる。

■内容(予定)
▼イベント開催日まで
・「よるのほいくえん」で使用する「素材」を参加者ご自身の職場やつながりから入手し、提供していただきます。
・Facebook IDをお持ちの方は、イベントページでの交流、情報共有を行う予定です。

▼イベント当日 11/26(水)
18:40 開場
19:00~19:20 イントロダクション
19:20~20:50 あそびのじかん
20:50~21:20 たいわのじかん
21:20~21:30 ラップアップ
21:30〜 交流会

■参加条件
下記の諸条件をよくお読みの上、参加申し込みください。
申し込みと同時に、諸条件についてはご承諾いただいているとみなさせていただきます。

1. 本ワークショップの様子は、予告・許諾なく、写真・ビデオ撮影・ストリーミング配信する可能性があります。写真・動画は、ほしぐみメンパー及び経営学習研究所が関与するWebサイト等の広報手段、講演資料、書籍等に許諾なく用いられる場合があります。マスメディアによる取材に対しても、許諾なく提供することがあります。参加に際しては、上記をご了承いただける方に限ります。

2.欠席の際には、お手数でもその旨、 hoshigumi_info@yahoo.co.jp まで必ずご連絡をお願いします。(事前準備の関係上、キャンセルの場合はお早めのご連絡をお願いいたします。)

3.多数のご応募を頂いた場合は、抽選とさせていただきます。
11月14日(金)まで にお申し込みをいただき、
11月18日(火)には抽選結果を送信させていただきます。

以上、すべての項目にご了承いただいた方は、下記のフォームよりお申し込みください。
「よるのほいくえん」で皆様とお会いできるのを、楽しみにしています!

==========================================================
企画:ほしぐみ(fromアトリエMALLプロジェクト)
伊藤崇司、佐藤有美、塚原謙治、長島威年、中村有沙、牧野岬
==========================================================

2014-11-06 | Posted in アトリエモールComments Closed